幼児の通信教育7社 先取りレベル比較。小学校入学前にどこまでさせるべき?

小学校受験(0~6歳)

幼児の通信教育で、先取り学習におすすめなのはどれ?

小学校入学前に、どこまで先取りさせればいいの?

すみれ
すみれ

こんにちは!
すみれ(@suuuumam)です。

幼児の通信教育って、種類がたくさんあって選べないですよね。

ということで、

・通信教育で先取り学習をさせたい
・入学前にどこまで先取りさせるべき?

というあなたのために、

すみれ
すみれ

幼児の通信教育7社を、先取りレベル別に比較しました!

小学校入学前までに、どのレベルまで先取りできるのか、

到達進度を徹底的に調べて、ランキング形式で紹介します。

また、小学生の息子を持つ私が、

小学校入学前にどこまで先取り学習させれば良いのか、実際の経験から詳しく語ります。

実は、息子には先取りを一切やらせずに入学したのですが、

すみれ
すみれ

やっぱり先取りしておけばよかったなぁと、少し後悔したんです…

私のように後悔しないためにも、

幼児のうちからしっかり対策することをおすすめします。

\私のおすすめは「あと伸び力」のZ会/

スポンサーリンク

幼児の通信教育7社 先取りレベル比較。 到達進度ランキング。

幼児の通信教育7社を、先取りレベル別に比較しました。

小学校入学までにどこまで先取りできるのか、

先取りレベル・到達進度が早い順に、ランキング形式でまとめました。

【幼児の通信教育7社 先取りレベル比較ランキング】
第1位 がんばる舎(小1の1年間)
第2位 まなびwith(1学期〜2学期)
第3位 RISUきっず(1学期〜2学期)
第4位 Z会(1学期)
第5位こどもちゃれんじ思考力特化コース(1学期前半)
第6位 スマイルゼミ(1学期前半)
第7位 ポピー(1学期前半)

では、順番に詳しくご説明していきますね。

第1位 がんばる舎 月700円

先取りの到達レベル
→ 小学1年生の1年間まるごと!

年少 3歳〜4歳:ひらがな読み書き、時計
年中 4歳〜5歳:カタカナ読み、1桁足し算引き算
年長 5歳〜6歳:カタカナ書き、算数の文章題
すみれ
すみれ

がんばる舎は、幼児向け通信教育の中で、最も先取りレベルが高く、進むペースが早い!

最終的には、小学1年生の漢字、繰り上がり繰り下がり計算、2桁の計算まで先取りすることができます。

ただ、教材は白黒プリントで、普通のドリルのような感じ。

すみれ
すみれ

カラーではないので、まだ小さい幼児にとっては楽しくないかもしれません。

シールやおもちゃなど無駄がなくていいという意見も!

初月分が無料で始められるので、子供の反応を見てみるといいですね。

\1か月まるごと無料で試せる/

第2位 まなびwith 月2000円〜2500円

先取りの到達レベル
→ 小学1年生の1学期〜2学期

年少 3歳〜4歳:ひらがな読み、数の概念
年中 4歳〜5歳:ひらがな書き、足し算引き算の基礎、時計
年長 5歳〜6歳:カタカナ読み書き、作文、足し算引き算、文章題

まなびwithは、「思考力を鍛える」ことに力を入れている通信教育です。

すみれ
すみれ

先取りも十分な内容だし、思考力は幼児のうちからぜひ身につけて欲しい!

カラーできれいだし、シールもついていて、遊び要素もあります。

すみれ
すみれ

幼児でも楽しめそう!

楽しみながらも、きちんと将来的にレベルアップのできる通信教育です。

\無料で楽しいワーク体験ができる/

第3位 RISUきっず 月2480円

先取りの到達レベル
→小学1年生の1学期〜2学期

年中後半〜年長
数の概念、足し算引き算、時計

算数に特化した通信教育。

すみれ
すみれ

年中後半からの受講が推奨されています。

算数の基礎に加え、思考力を問う難易度の高い問題にもチャレンジできます。

すみれ
すみれ

将来、中学受験を考えている子供の基礎作りにも高評価!

小学生になると、国語よりも算数が苦手になる子って多いんですよね…。

算数を苦手にしたくないなら、幼児の今の時期に、試してみる価値はあります。

※RISUは、通常なら無料体験できないのですが、

下記の特別サイトなら、特別に1週間お試しできます。

すみれ
すみれ

お申し込みクーポンコード「rss07a」をご記入ください。

\特別に1週間お試しできる/

第4位 Z会 月2000円〜2500円

先取りの到達レベル
→ 小学1年生の1学期

年少 3歳〜4歳:ひらがな読み
年中 4歳〜5歳:カタカナ読み、数の概念
年長 5歳〜6歳:ひらがな書き、足し算引き算の基礎

Z会って、受験などレベルが高いイメージですが、先取りの進むペースは、そんなに早くないんです。

というのも、

Z会は、やみくもに先取りすることよりも、

将来的に成長する「あと伸び力」をつけることを目標にしています。

すみれ
すみれ

「あと伸び力」は、幼児のうちにぜひ身につけたい!

そのための教材「ぺあぜっと」が、結構魅力的。

親も一緒に、工作や観察をする課題なのですが、

五感をフルに使って、いろいろな視点から、深く考える力を育むことができます。

すみれ
すみれ

楽しそうで、頭が良くなりそうな課題がいっぱい!

将来的なレベルアップを考えると、

すみれ
すみれ

私的には、Z会がイチオシです!!

\Z会は教材の質が違う!/

第5位 こどもちゃれんじ 思考力特化コース 月2000円〜2400円

先取りの到達レベル
→ 小学1年生の1学期前半

年少 3歳〜4歳 ×
年中 4歳〜5歳:ひらがな読み書き、カタカナ読み、数の概念、時計
年長 5歳〜6歳:カタカナ書き、足し算

こどもちゃれんじの「思考力特化コース」は、

年中(4歳〜5歳)から受講できるワーク中心のコース。

進む早さは、通常のこどもちゃれんじ(総合コース)と同じですが、

おもちゃやDVDがほとんどなく、毎月届くのは、ワークのみ。

すみれ
すみれ

おもちゃは要らない、もっとお勉強要素が欲しいって方にはおすすめ!

思考力を伸ばすワークなので、レベルアップも期待できます。

\無料で思考力ワークが体験できる/

第6位 スマイルゼミ 月3000円

先取りの到達レベル
→ 小学1年生の1学期前半

年少 3歳〜4歳 ×
年中 4歳〜5歳:ひらがな読み書き、数の概念、時計
年長 5歳〜6歳:カタカナ読み書き

タブレット学習で有名な、スマイルゼミ。

すみれ
すみれ

幼児の通信教育の中では、先取り進度は遅い方です。

特に算数に関しては最も遅く、足し算や引き算などはしません。

すみれ
すみれ

ただ、スマイルゼミには英語がある!

特別に受講しなくても、カリキュラムの中に英語が入っているので、とてもお得です。

タブレットだから、英語の発音を聞くことができるし、

すみれ
すみれ

ゲーム感覚で勉強できるので、子供も楽しめそう!

タブレット学習に興味があるなら、一度、試してみる価値のある通信教育です。

\タブレット体験ブックがもらえる/

第7位 ポピー 月980円〜1100円

先取りの到達レベル
→小学1年生の1学期前半

年少 3歳〜4歳:ひらがな読み
年中 4歳〜5歳:ひらがな書き、数の概念
年長 5歳〜6歳:カタカナ読み、足し算の基礎

幼児の通信教育の中では、先取り進度は遅い方です。

すみれ
すみれ

レベル的には、他に比べると簡単に感じるでしょう。

でも、ポピーは、脳の専門家の監修・指導の元に作られた教材。

子供の成長段階にあわせて、「脳力」を総合的に伸ばすカリキュラムが組まれています。

レベルが高いとは言えませんが、

やみくもに先取りせずに、子供の成長に合わせた内容を、ゆっくり確実に学べます。

すみれ
すみれ

無料サンプルが充実しているので、取り寄せるだけでもかなりお得です!

\無料でしっかり体験できる/

幼児の先取り学習。 小学校入学前にどこまでさせるべき?

結論から申し上げますと、

小学校入学前までには、

・ひらがな読み書き
・カタカナ読み書き
・足し算引き算の基礎
すみれ
すみれ

つまり、小学1年生の1学期程度!

これくらいはできるようになっていると、入学してから楽です!

というのも、

小学校に入学すると、結構早い段階で、連絡帳を自分で書かせます。

すみれ
すみれ

ひらがなが書けないと、連絡帳が書けなくて困りますよね。

夏休み前には足し算・引き算も習うし、学校によっては、カタカナ読み書きもザッと習う。

入学してから焦らないためにも、

小学1年生の1学期程度は先取りしておくと安心かと思います。

すみれ
すみれ

ちなみに、息子には先取り学習を全くしていませんでした!

息子の小学校入学時のレベルは、

・ひらがな、カタカナ
→お友達にお手紙を書く時に、見本を見ながら書ける程度。書き順など教えたことはなし。
・足し算、引き算
→小学校受験をしたので、数の概念など基礎のみわかっている程度。

ドリルやワークなどで勉強したことはなかったので、

鏡文字はあるし、ひらがなカタカナ混合でめちゃくちゃに書くし、
(例えば「ドらえモん」「うるトラまん」など)

足し算や引き算の基礎はわかっていても、「2+3=5」のような式は、見たことなかったと思います…

すみれ
すみれ

こんな状況だったので、小学校入学してからの学習進度の早さに焦りました!

きちんと先取りさせておけばよかったと、後悔しました。

ある程度の先取りは、

小学校生活を楽しく送るためにも必要だと思います。

入学早々、勉強についていけず、わからないことばかりだったら、小学校に行くのが嫌になってしまいますよね。

ただでさえ、小学校は子供にとってわからないことばかり。

すみれ
すみれ

小学校生活に馴染むためにも、勉強の不安は取り除いてあげたいです。

【幼児の通信教育7社 先取りレベル比較ランキング】
第1位 がんばる舎(小1の1年間)
第2位 まなびwith(1学期〜2学期)
第3位 RISUきっず(1学期〜2学期)
第4位 Z会(1学期)
第5位こどもちゃれんじ思考力特化コース(1学期前半)
第6位 スマイルゼミ(1学期前半)
第7位 ポピー(1学期前半)

でも、ある程度の先取りは必要ですが、

過度な先取りは、必要ないと思います!

すみれ
すみれ

先取りって、やらせようと思えば、どこまでだってできます。

小学校入学前に、小3までの漢字、ことわざ、算数ならかけ算割り算まで、やっている子はいるでしょう。

でも、そこまで先取りさせる必要はないと思います。

もちろん、子供自身が興味を持ち、知りたいという欲求があるなら教えてもいいですが、

「先取りが必要だから!」と言って、無理矢理に詰め込む必要はないと思うのです。

やみくもに先取りさせることよりも、

幼児のうちは、思考力や探求心を楽しく育てることが、後々のレベルアップにつながると考えています。

すみれ
すみれ

まさに、Z会の言う「あと伸び力」を育てることが大事!

無理矢理に先取りさせて詰め込んでも、思考力や探求心が育っていなければ、伸び悩む時期が必ずやってきます。

すみれ
すみれ

もっと長い目で見て、将来的にレベルアップのできる教育をしたいですね。

幼児の通信教育 先取りするならZ会がおすすめ!

以上のことを踏まえて、幼児の通信教育で先取りさせたいなら、

すみれ
すみれ

私は、Z会がおすすめです!

というのも、

Z会なら、小学1年生1学期までの内容は先取りできるし、肝心な「あと伸び力」も育てられるから。

すみれ
すみれ

さらに、小学校に入学してからは、中学受験を見越したレベルアップが狙えます。

将来的なことを考えると、Z会がおすすめです。

\Z会は教材の質が違う!/

すみれ
すみれ

でも、よくわからないなら、何社かまとめて資料請求するのが一番!!

資料請求は無料なので、

気になるものをいくつかお試しして、子供の反応を見ながら比較してみるのが賢明です。

【幼児の通信教育7社 先取りレベル比較ランキング】
第1位 がんばる舎(小1の1年間)
第2位 まなびwith(1学期〜2学期)
第3位 RISUきっず(1学期〜2学期)
第4位 Z会(1学期)
第5位こどもちゃれんじ思考力特化コース(1学期前半)
第6位 スマイルゼミ(1学期前半)
第7位 ポピー(1学期前半)
すみれ
すみれ

幼児の通信教育は、とにかくお試ししないと、何もわかりません。

子供がまだ小さいから、どんな教材が合うのか、やってみないとわからないんです。

すみれ
すみれ

どうせやるなら、子供に合うものを選びたいですよね。

子供が目をキラキラさせて、

「もっとやりたい!」

と言ってくれたものを選ぶと、勉強内容も、ぐんと身につきますよ。

LINEで質問・相談受け付け中です♪

*小学校受験のこと*
*子供の教育のこと*

不安に思ったことがあれば、
なんでもご質問・ご相談ください。

頂いた質問には、
100%必ずお返事しております。

お気軽にLINEしてくださいね(*´꒳`*)♡

小学校受験(0~6歳)
スポンサーリンク
役に立った!と思ったらシェアしてください♡
\ Twitterでもイロイロ発信中!!/
プロフィール
すみれ

7歳4歳兄弟の教育ママ。年収500万円サラリーマン家庭にも関わらず、小学校受験しました。お金をかけずに頭のいい子を育てる方法を実践中!
↓↓Twitter・LINEからお気軽にご相談ください♡↓↓

\ Twitterでもイロイロ発信中!!/
お金をかけずに頭のいい子を育てる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました